i ram karap te 2010年07月
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
モラリティ
2010 / 07 / 26 ( Mon ) 22:09:34
意識のなかにあるモラリティ

徳義心のある者、清廉心のある者、醜を忌み悪を避ける者は必ず負ける
勝つと勝たぬとは善悪、邪正、当否の問題ではない
そう述べたのは漱石なのですが
この言葉からいろいろ考えてしまいます
中間階級としての有島武郎は幼いころの儒教教育と
ピューリタニカルなキリスト教が結合していますが
書くことが自己の中間階級としの意識を転倒することではないのかと・・
凶暴的且つ官能的世界を描いた「或る女」がそうなのでしょうか
「カインの末裔」も?
階級は事実としてではなく解読されつべきものとしてあるのですが
階級意識として現れるには
政治的言説を経なければ後退するのみとして捉えたマルクス
素朴な考え方では如何ともしがたいのでしょうね

今日はお休みでしたので朝からそんな事思ったりしていましたが
曇り空でそれほど気温が上がりそうにもありませんでしたので
自転車でお散歩に行く事に
前回行った湖へ至る道を中途から左折し別ルートで札幌へ
峠も途中迄ですので上りもきつくなく距離も60km位でしたから
わたしには丁度いいみたいです
国道ではなく道道ですので車も少ないですし景色もいい感じ(^^)
紅葉の時期などは素敵かもしれません
私のお気に入りコースになりそうです(^。^)

DSCN1536.jpg
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト
雑文 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。