i ram karap te 内圧ということ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
内圧ということ
2010 / 02 / 15 ( Mon ) 21:29:20
画像 037
私はいつも一人でいることが多い
自らの立つ位置を吐露する場面など
殆ど無きに等しいのだけれど
たとえ私を取り巻く情況が混沌としていようとも
何らかの形で自己の実現化を図ろうとするなら
他者よりももっと強い何かが必要となるでしょう
それらは決して形が明確ではないのだけれど・・

出会いという一つの訪れを考えてみますと
そういった他者との相互の補完のなかで
何かが生まれるとも思うのですが
その為に自らの内圧と言いましょうか
エネルギーと言っても良いのかもしれませんが
常時それらを高め且つ保持しておかなくてはとも思います
それがこの閉塞情況を出口へと導いてくれる
もう一つの側面かとも考えます
ではその出会いを果たすためには・・

観念的表現すぎるのだけれども
他者との有機的関係を自立の思いのなかに抱え込むこと
それらを自らに適用せずにおくのなら
出口に至ること無いのかもしれません(^_^;)
スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

雑文 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<雪かき * HOME * フロントという概念>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 


comment thank you
comment
trackback
trackback URL
http://yukionna2010.blog48.fc2.com/tb.php/15-bffa93f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。