i ram karap te うぅーむ・・・・
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
うぅーむ・・・・
2010 / 05 / 09 ( Sun ) 16:17:55
友人から数日前に聞いた
あるgidの会に関するとても不快なできごと
地方グループと上部との活動の方向性の相違を
上部構造に属する方が有無を言わせず
グループを取り纏めている方に対し
その行動を停止させるべく
強権を発動し且つ圧殺したとか…
私はそのグループに属してはいませんから
それらの出来事を明確に把握してはいないのだけれど
上部機関の構成員から推するに
それも有りなのかと・・
でも・・情報は友人からの一方向からのみですから
そういった決め付けは良くないのかもしれません。

共同体はその存在の為に常にその外側の世界を前提とします
共同体をその内的構成の特殊性から定義づける仕方は様々であり
連続的な事物空間に区切りを設定し
その境界の内と外に異なった価値を付与するのだけれど
このことが共同体の端緒となる前提なのですが
事物空間は仕切られ文節化されてはじめて意味をなす・・
では共同体はそれらと対立することによって
自らの同一性を得られるのか
何らかの自己否定を必要とするのか

こんな抽象的な事を言ってみても何にも始まらないのだけれど ヽ( ̄^ ̄)ノ

DSCN1448.jpg
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
雑文 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<ちょっとお出かけ * HOME * 最近のちょっとした悩み>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 


comment thank you
comment
trackback
trackback URL
http://yukionna2010.blog48.fc2.com/tb.php/36-dc4a312b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。